地震災害への備え「家計地震保険」

LINEで送る
Pocket


「津軽てんでんこ」という言い伝えが、岩手県の三陸海岸地域にあるそうです。

”てんでんこ”は「各自」「めいめい」を意味し、「津波が来たら、取るものも取り敢えず、肉親も構わずに、各自てんでバラバラに1人で高台に逃げろ」「自分の命は自分で守れ」という意味だそうです。

その結果、自分自身は助かり、家族や他人を助けられなかったとしても自らを責めない、又それを避難されないようにするための救いの言葉でもあるそうです。

2011年の東日本大震災から満7年、地震規模モーメントマグニチュード9.0、最大震度7を観測した観測史上最大の地震でしたが、特に巨大津波が発生したため、東北地方から関東の太平洋沿岸部は壊滅的な被害を受けました。

内閣府の防災白書によると、この時の被害総額は約16兆9千億円となっていますが、阪神淡路大震災の9兆6千億円に比較して、いかにこの時の被害が大きかったかがわかります。

その被害に対して、「家計地震保険」はどのくらい役にたったのでしょうか?…

>>続きを読む

PR

DATE

取材・ライティング

PR

NEW 保険の様々な質問にお答えしています。

PR

オススメ ご契約までファイナンシャルプランナーがサポートします。

ライオンズマンション三宿

2,600万円

東急田園都市線 「池尻大橋」

占有面積 43.74㎡

スターロワイヤル三軒茶屋

4,580万円

田園都市船「駒沢大学」駅徒歩

占有面積 51.49㎡

船橋市芝山 戸建 6LDK

1,980万円

東葉高速鉄道線 飯山満駅 徒