健康について

地元のプロ直伝!あなたの健康に役立つ情報をお届けします。

からだとこころ

体と心は密接につながっていると言われていますね。 心が元気で毎日が楽しく自分に自信があるときは、背筋もピンとして体もよく動くし自然と素敵な笑顔が輝いています。 反対に心に余裕がなく辛いときって、眠れなくなったり、肌荒れをしたり、顔色が悪くなったり、体のどこかに不調を感じたり、姿勢が悪くなったり……と、いろいろな影響を感じたことがある方も少なくないと思います。 では、どうしたらこころの健康って維持できるのでしょうか?

■アドバイザーのご紹介
心理療法士 武内 晴代

2005年、浦安市内に Therapy Room haru を開業。
多くの女性たちを幸せと導いています。
女性だから、母親だから、わかることがあります。

セラピールームハル
心理カウンセリング、催眠療法、バッチフラワーレメディ、ヨガ
女性専門 完全予約制 東西線浦安駅より徒歩15分(詳細はご予約時にお知らせします)
電話 090-9101-9966  メール haru@hareru.com
ブログ      http://www.hareru.com

うつ病を克服した女性Aさんのお話

ここで、うつ病を克服した女性Aさんのお話を紹介させていただきます。(ご本人の承諾をいただいております)
Aさんはある企業に15年勤務し、仕事もプライベートも充実した日々を送っていました。そんなある日、上司の異動で自分が責任者になります。 自分より年上の部下や新人社員とのコミュニケーションがうまく取れない状況が続き、頑張り屋のAさんは「自分がやらなきゃ。自分がなんとかしなくちゃ」という意識がだんだん強くなっていきました。

昼間は新人社員の育成に、夜は自分の仕事を片付けるという毎日。残業時間が増え、帰宅するのは日付が変わってから。 頭ではやらなきゃいけない、でも心と体が追いつけないという葛藤がAさんを苦しめます。
頭と心と体のバランスが崩れ、ごはんが食べられない、夜眠れないという症状が出始め、とうとうある朝、強い恐怖感に襲われふとんから出られなくなって……
受診した心療内科では、うつ病と診断され、睡眠導入剤、精神安定剤、抗うつ剤が処方されました。そして、会社も長期休職することに。そのことで、今度は罪悪感や自己嫌悪感に苛まれ、辛く長く感じる時期が続きます。

そんな中で、Aさんはヨガとセラピーに出会いました。

ヨガを始めて呼吸法や瞑想をしていると、少しずつ心と体の緊張が取れていくのを感じたそうです。そして、セラピーを受けることで今までの自分を認め、許せることができるようになりました。
そして、セラピーを受け始めて3か月、主治医とも相談しながら断薬に成功しました!

精神的に変わったことは、自分を責めなくなった、嫌なことがあっても負のスパイラルに陥らなくなった、いろいろな考え方ができるようになった。 身体的に変わったことはお薬の副作用から解放された、ぐっすり眠れるようになった、ごはんがおいしく食べられるようになった、肌つやがよくなった、猫背が改善された、等々。

Aさんは今、自信を取り戻し自分の人生をとても楽しんで生きています。 そのAさんからメッセージをいただいております。

うつ病を克服したAさんから

「自分は絶対に変われます! 劇的に今日、明日という変化ではないけど、コップに水が少しずつ満たされていくように。そして気がついたら水がいっぱいになっているように。頭と心と体のバランスが取れていて初めて自分は健康なんだと思えるようになりました。」

こころのお手入れ

カウンセリングをしていて気がつくことは、多くの方が自分を否定し、自分の感情を許していないということ。 こんな自分はダメだとか、こんなふうに思っちゃいけないとか、もっとこうあるべきだとか。
理性ががんばりすぎちゃっているのですね。 でも、ダメばかり言われているこころはまるでちっちゃい子供のように、 「つかれちゃったよー。きづいてよー。きらいにならないでー。」とか叫んでいるのです。

どうかこの声を無視したり否定したりしないでくださいね。お母さんが小さい子供の声を聴くのと同じように聴いてあげてください。
そして、たくさん話しかけてあげてください。
「今日もよくがんばったね。お疲れ様! 」といったように。
そうすると、こころは「私は大切にされている」と安心できます。まずはここから。

そして、安心すると「だいじょうぶ。私はこれでいいんだ!」と自己受容へと繋がり元気を取り戻していきます。

自分らしく楽しく生きていくためには、Aさんのおっしゃるように頭と心と体のバランスがとれていること、そして自分にも人にも寛容な「I am OK. You are Ok.」という気持ちがとっても大切。
それから、体と同じように、毒がたまったらデトックスを!
心に溜めずに早めに吐き出しちゃいましょう。

こころの健康は体の健康、そして、女性にとって気になる美容にもつながります。お肌のお手入れを丁寧にするように、こころのお手入れも丁寧にしてくださいね!

歳を重ねてもキレイでいるために

ヨガを通じ、内面からでる美しさやいつもナチュラルなスタイルを追求し続けている山田ゆき美さんにコラムを書いていただきました。

■アドバイザーのご紹介
山田 ゆき美

浦安市在住。「ナチュラルスタイルヨガ」主宰。
市内を中心に、様々な場所でヨガインストラクターとして活動中。
ヨガ的観点と、心理学やウォーキングメソッド、スロトレメソッド、アロマセラピーなどの広い観点から 女性の美と健康のための、内側からのアプローチを提唱しています。

ナチュラルスタイルヨガ 主宰 山田 ゆき美
浦安市文化会館 高洲公民館など
vvyrmmvv.81243@ezweb.ne.jp
ブログ      http://yukinatustyle2.blog93.fc2.com/

冷え知らずで健康美人。

寒くなってきました。 寒い季節でも、背中がスッと伸びて、颯爽と笑顔で街を歩いている女性はとても素敵ですね。何かオーラのようなものも感じます。 逆に、寒さで背中を丸めて、おまけに膝も曲がって、寒そ~に歩いている女性・・・。 お顔が綺麗でも、すべてが台無しのようなお姿。とても残念です。
今日は、これからの寒さを乗り切るためにも、体の内側から温めて、キレイになる方法をお伝えします。
特に女性は、冷えで悩んでいる方がとても多いです。 手足の末端から冷えて、下腹部や背中も冷え、生理痛もツライ・・。

冷えが解消されるだけで、女性はとても健康的で、心身もラクになると思います。

基本は 「内側からさらさらと、流れが良いカラダになること。」

体の血流やリンパの流れを良くしていくことで、疲れにくい体になり、冷えない体になっていきます。もちろん風邪もひきにくくなります。

まず、手先と足先をよく動かして、刺激をしましょう

手足の指は経絡の出入り口です。つまり、健康のツボがた~くさんある部位です。
意識して手足の指を動かして、指先や手のひらなどをよく刺激してあげます。
手と足でグーとパーを繰り返すのも簡単で、しかも効果的です。

 

深い呼吸を心がけましょう。

実は現代人は、ストレスなどが原因で非常に浅い呼吸になっています。
浅い呼吸は血流を滞らせます。
なるべくゆったりと、深い呼吸を忘れないようにしましょう。
常に24時間、深い呼吸をするのは不可能だと思いますので、
あなたのスペシャルな時間、たとえばお風呂に入ってホッとひといき・・とか、
スイーツをいただきながらお茶する時間とか、大好きなアロマの香りで癒しタイム・・。 など。 是非深い呼吸を心がけてみてください。

 

やっぱり体を動かしましょう。

寒くなると、人は体を動かすことが億劫になりがちですね。
自分に優しくすることはとても大事なことですが、やっぱり運動は必須です

お部屋での簡単なストレッチでも充分効果はあります。 ポイントは股関節をよく開くこと、そして膝(ひざ)の後ろをよく伸ばすこと。このような動きはリンパの流れを良くしますので、免疫力もアップします。
手首足首をよく回すこともおススメです。

そしてお天気の良い日は是非歩いてください。
下腹部に意識を向けながら、できれば30分以上、気持ち良くウォーキング。
下腹部には丹田という素晴らしいエネルギーの源のツボがあります。ここを意識して歩いた方が、無意識で歩くよりも、ずっと人を美しく魅せ、エネルギーを高めていきます。
体内の血液もリンパもさらさらと流れて、しかも心身を健康に保つための脳内物質セロトニンがたくさん増えていきます。

美しくて健康的な女性は、このセロトニンが豊富なのです。

外側から体を温めること(カイロや、今はキュートな腹巻きもた~くさんありますね)と同時に、内側から、上記のようなアプローチを是非行なってみてくださいね。
きっとこの秋から冬の寒~い季節も、躊躇なくおしゃれして、心身軽く、ハッピーに過ごせると思います。
すべての女性が健康で美しくありますように。