泉銀

浦安の堀江にNEW OPEN!人情味溢れるご主人と笑顔の素敵な奥様の森田夫妻が営まれている泉銀さん。若い人の魚離れを取り戻す。産地にこだわった新鮮なお魚と手作りのお惣菜が満載の鮮魚店です。

地元産や産地にこだわった鮮魚がたくさん!

お店は浦安駅から徒歩10分程歩いた住宅街の一角。堀江地区は風情溢れる街並みがたたずみ、昔ながらの浦安を思い出す事が出来る場所です。駅前のやなぎ通りから一本通った道をひたすらまっすぐ歩くと、青い看板が目印の『泉銀』さんが見えてきます。

 

編集者自身も魚を買いに行く時は、大型スーパーや近所のスーパーで済ませる事が多く、魚屋さんには故郷にいた時以外で,身近に感じる事がなく、久しぶりに足を踏み入れました。店内に早速入ると、今朝獲れたての魚もたくさん!そして見たこと、聞いたことのない魚の名前もたくさん教えて下さいました。

 

なんと、舞浜にある誰もが知っているテーマパーク沖でも魚が揚がるんだそうですよ。私が伺った時は高級魚『スズキ』が店内に並んでいました。

また宮城県産の銀鮭の西京漬けや青森八戸産のサバの西京漬けも自家製のたれに漬け込んでありました。外国産とは全く違う新鮮さは目で見て一目瞭然でした。

 

泉銀名物マグロのぶつ切りやカツオ

  

また、ミシュラン店でも使用されているという鹿児島枕崎産鰹節の『クラシック節』。美味しいお出しが取れるんだそう。ご主人、あのさかなクンともお知り合いという、交友関係がとても広いお方。さかなクンもこの鰹節のご愛好者なんだそうです。

  

手作りのお惣菜もたくさん。ズラリと並んだお惣菜の中から、私はカニクリームコロッケを買って帰りました。一つ一つがとっても大きいカニクリームコロッケ。ボリューム満点です。4歳の息子が二つペロリとたいらげていました。

  

実は森田さんはもう一つ別の顔をお持ちだという。。フィッシュロックバンド『漁港』のボーカルも担当されているそうです。そして、水産庁より『お魚かたりべ』として任命を受けたとの事。

以下水産庁HPより引用

国民の「魚離れ」を食い止めるため、魚食文化の普及・伝承に努めている方々を、水産庁長官が「お魚かたりべ」として任命し、魚食に関する情報発信の取組を後押しすることによって、更なる水産物の消費の拡大を推進します。

そして、このロックバンド活動を通じて、全国の漁師さんとのパイプ繋がりも広くなっているのだそうです。

美味しいお魚と、手作りのお総菜が毎日豊富に揃っている泉銀さん。是非一度お立ち寄りください。

店名 泉銀
住所 浦安市堀江3-25-1
電話/FAX (TEL)047-713-8274
営業時間 火~金11:00~18:00 日15:00~18:00
定休日 土曜日、月曜日

DATE

取材・ライティング