レッドブルエアレース 2017レポート!!

先日6月3日、4日(土日)に海浜幕張にて開催されました。

行ってきました!初!エアレースへ!!家族や友人達と前売りチケットを購入して!老若男女問わずたくさんの方が来場されていました。来場者数55,000人だったそうです。

ちなみに、ルール全くわかりません。事前に予習もすることなく行ってきたのですが・・・一言でかっこいい!!楽しい!!子連れも充分楽しめるイベントがたくさんありました。

レースを観たいのはもちろんでしたが、何と言っても零戦の飛行は絶対観たいと思っていました。今や零戦は日本国内でも4台しか残っていないそうです。その内の1台が茨城県の霞ケ浦飛行場から会場まで飛行してきました。最先端の飛行機ももちろん見惚れるものがありますが、優雅に幕張の空を飛ぶ零戦は時が止まったような不思議な感覚に陥ってしまいました。コースを2周して霞ケ浦へ帰って行く時は、会場全体から拍手がおこり、各々手を振る方もたくさんいらっしゃいました。ありがとう!零戦!と私も息子と歓声を上げて手を振っており、当時の活躍を目にした事もない私ですが、戦後70年経った今もから変わらない姿を見せてくれた零戦に目頭が熱くなる部分もありました。

さて、本題。ルールを簡単に説明すると、予め作られているレーストラックがあり、そのタイムを競います。ただし、細かいペナルティもあるので、ペナルティが多ければタイムに加算されていきます。その合算タイムが早い方が突破という仕組み。

レース中もドラマがたくさんありました。生でしか見れない醍醐味ですよね。ラウンドオブ8では室屋選手も途中ミスがありタイムを落としてしいました。ですが、運は室屋選手に向いたのでしょうか、対戦相手のマット・ホール選手のペナルティもあり、軍配は室屋選手に輝きました。その時の会場の歓声たるもの、私も、鳥肌に興奮にと全身のアドレナリンが出ておりました。

息子の疲労もピークに達したので、私達はここでおいとま。

来年も機会があればぜひ行きたいですね。

 

DATE

取材・ライティング

コメントはこちらへ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です